メインメニュー

家庭教師との相性とは


家庭教師と相性がいいとか悪いとか、よく聞きますが、相性がいいとは、どういうことでしょうか。 当サイトでは家庭教師の先生に会って相性を確認するポイントについて、ご説明します。 相性はとても大事ですから、お子様のためにポイントをしっかりつかんでおきましょう。相性と一言で言っても、わかりにくいものです。 よく「ウマが合う」と言いますが相性も同じようなことです。 息が合うと言ってもいいでしょう。


家庭教師を付ける子供は大体、思春期の子が多いでしょうが、この時期は難しいです。 もちろん、親の言う事は聞きませんが、不思議と自分と気の合う先輩や友人、教師の言う事ならば聞いたりするものです。 ですから、家庭教師にしても子供と気の合う存在の人が必要なのです。家庭教師は大学生が多いです。 子供にとって、気の合う歳の近い先生ならば、言う事を聞く可能性が高いでしょう。


それが勉強であっても「先生のようになりたい。」よいうあこがれや尊敬の気持ちを抱いてくれるおとにも繋がりますから、勉強を頑張るきっかけにもなりえるのです。 当サイトでは実際に先生に会って相性を確認するポイントとして「子供の長所を伸ばす教師か」「親との相性はどうであるか」というところを挙げてご説明いたします。 このポイントを確認できれば、子供と家庭教師との相性は抜群といえるでしょう。必ず、子供に会わせる前に親が会って確認しましょう。 人生経験豊かな大人の目で見れば、その教師がどのような人かはすぐにわかるはずです。我が子のために大人の勘を働かせましょう。




【特集リンク】>
家庭教師との相性は大事ですので、相性を確かめるためにもまずは頼んでみる家庭教師として紹介します。 ⇒⇒⇒ 家庭教師